×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供の英語教育

【Part1】決定的に違う塾と家庭教師の違いとは?成績アップにとても重要な「時間!」「場所!」塾は時間をムダにしているのか?

【Part1】決定的に違う塾と家庭教師の違いとは?成績アップにとても重要な「時間!」「場所!」塾は時間をムダにしているのか?

 

 

こんにちは。

 

塾と家庭教師の違いってなんでしょうか?

 

やはり料金の違いや教え方の違い、
そして、アフターサービスの違いがよく聞かれますね。

 

しかし、その中でも大きな違いって知っていますか?

 

すでにタイトルにもなっているので
もう知っているかと思います。

 

それはですね、時間と場所です!

 

 

今日は塾と家庭教師の違いの中でも
決定的な違いがある、「時間」と「場所」についてお話しします。

 

 

--------------------------------------------------------------
(目次)
1塾まで通うとなるとかかる時間ってどれくらいなの?(Part1)
2家庭教師を使えば時間と場所を自由に決められる!?(Part2)

 

--------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

1塾まで通うとかかる時間ってどれくらいなの?

 

たとえば、駅前の塾に通う場合、
学校から家へ、家から塾へと行くことになります。

 

平均して
往復30分〜60分の通学時間がかかると言われています。

 

なんだ
たった30分じゃん!と思われるかもしれません。

 

しかし

 

週3回通った場合どうでしょうか?

 

1週間でなんと、1時間半〜3時間もの時間を
塾に通うためだけに使っていることになるのです。

 

しかも、部活が長引いてしまうと
塾に間に合わなかったり、逆に部活を途中で切り上げなければならなかったりと
部活や習い事との両立は難しいように感じてしまう子が少なくないようです。

 

もちろん、それだけ大変な思いをして塾に通い、
成績が上がっていればいいのかもしれません。

 

でも、もし成績が上がらないようなら…
塾に通うだけに、たくさんの時間をかけて
頑張りを無駄にするのはもったいないですよね。

 

もしも!!!
この通学時間に通っている1時間半〜3時間が
予習や復習にあてられたら、
成績がもっと上がると思いませんか?

 

少しでも多く時間をとることができれば
それだけたくさんのことを学ぶことができるといえます。

 

一方
家庭教師の場合は先生が直接ご家庭にお伺いするので
通塾時間はかかりません。

 

なので
移動時間のロスがないので、その分予習や準備することができます。
もちろん、お子さんやご家庭の都合に合わせて予定が組めるので
部活や習い事とも両立できます。

 

例えば、部活をやっているお子さんには、夕食を食べてから指導をしたり
平日は部活や習い事で予定が埋まっているお子さんには、土日を
利用して指導するなどのパターンがあります。

 

このように、お子さんの生活リズムに合わせて、
時間を自由に決められることが多くのお子さんにとってのメリットであり
効率よく学べる環境を提供できます。