×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供の英語教育

子供の英語教育から考える日本の将来

子供の英語教育から考える日本の将来

 

日本の英語教育は無視。
あなたの子供だけは、これから世界で活躍できるような人材にして欲しい。

 

それが日本の英語教育を変える唯一の術。

 

今の日本の英語教育は、終焉を迎えています。
僕は幾度となく、このことを声を大にして言ってきました。

 

日本の英語教育に何も期待するな。
国に、学校に頼れば、あなたの子供は、グローバル人材となれずに終わる。
個人が変わらなければ、決して大きなムーブメントはおきないと。

 

いつか、日本の英語の授業が、日本語ではなく、
英語で行われ、中学校のときには、1年の留学が必須となり、
高校では、世界の大学も視野に入れた大学選びをできるような、
そんな理想的な日本の英語教育を僕は夢見ています。

 

そして、そんな高度な教育を受けた人たちが、
もう一度日本に戻り、日本のために働く。

 

そんな日本の未来を夢見ていますが、
このままではまだ遠い先の話になるでしょう。

 

でも、僕はまだ夢をあきらめていません。
個人が動けば、国も動かざるを得ないときが必ずきます。

 

それくらい日本のグローバル化は、急務を要しているのです。
だから、僕はあなたに、あなたの子供さんに、
チャンスがあるならば、日本の英語教育に頼らず、
世界で挑戦できるような、グローバル人材になって欲しいと思っています。

 

では、どうやってグローバル人材になれるのでしょうか。
この日本の超ドメスティックな環境で、どうしたらグローバル人材になれるのでしょうか。

 

僕は、ひたすら考えました。
そして2年前、「Espowl」という英語専門の家庭教師グループを立ち上げました。
少しでも、英語ができる人を増やすため、英語が本当にできる先生に教えてもらえるようなサービス。

 

そのEspowlには、もう既に100名を超える英語のスペシャリストが集まりました。
外資系企業の元CEOや、某教育系テレビで英語の担当をしていた人、5カ国後を自由に使いこなせる人など、本当に多種多様なスペシャリストが集まりました。

 

そして、今回は、その先生達と協力し、
「グローバルキッズを育てる」というテーマのもと、
無料コンテンツを提供することになりました。

 

以下がコンテンツの一部です。
【第1章:なぜグローバルキッズを育てる必要があるのか?】?
【第2章:教育現場の英語レベルの低さ】?
【第3章:家庭でできる英語教育環境の創造】?
【第4章:英会話教室の徹底否定】
【第5章:子供を留学に行かせよう】?
【第6章:実際に留学にいった人たちのインタビュー集】?
【第7章:英語成功者の先輩はこうやって勉強した】
【第8章:英語を3時間で得意科目にする3つのステップ】?
(5文型の理解、圧倒的単語量、大量読解)?
【第9章:グローバルキッズを育てる具体的7つのステップ】
【第10章:そのままでいいのお父さん、お母さん?】

 

 

人数限定の登録となりますので、興味のある方は、
お早めに登録されることをオススメします。